PRIVACY POLICY

PRIVACY POLICY

2019-08-21
カテゴリトップ>ヘッドカテゴリー>ドライバー
バルド(BALDO) COMPETIZIONE
568ストロングラック 420ドライバー
シンカグラファイト
LOOPプロトタイプJJシャフト

この商品は第一ゴルフオリジナルカスタム商品のため
納期は約10日前後となりますが、欠品の際には納期が遅れる場合がございますので予めご了承下さい。

※注文後のキャンセルは出来ませんのでご了承下さい。




2019 バルド 568 420 ドライバー

2019 バルド 568 420 ドライバー

2019 バルド 568 420 ドライバー

BALDO(バルド)

COMPETIZIONE 568 STRONGLUCK 420 DRIVER


CAUSE KAMIKAZE IN YOUR HEART
2019 バルド 568 420 ドライバー

それは、飛ばすための要素を追求し続けているか

この言葉は、開発時に常に問いかける言葉です。
飛びの三要素と言われる、ボール初速・バックスピン量・打ち出し角度、
この飛びの三要素が、常に高い次元で実現できるドライバーヘッドを追い求めて製品開発を行っています。

また、バルド打感と呼ばれる、ゴルファーの五感に訴えかけるインパクト時の心地良いフィーリングを生み出すために、
ボディー構造・フェース構造・特殊熱処理など、細部にも細心のこだわりを持ち創られています。

それは、ゴルファーに飛びを連想させるフォルムか

開発コードネームは「KAMIKAZE」
ヘッドスピードを加速させ、ヘッドの剛性をより高めインパクト時のボールにパワーを伝達する性能を向上させる、エアロフォルムボディーにデザイン、

フェースにはレーザーミーリングスコアラインを通常のスコアラインの間に施し、ボールとフェースのより正確なコンタクトを生み出すことで、バックスピン量を最適に安定させる。

そして何よりも大切なことは、ゴルファーに飛びを連想させるフォルムであること、それこそがバルド。
2019 バルド 568 420 ドライバー


420モデルは小振りの420cc、ディープフェースでややハードに見えますが、
重心距離が短く、重心角も大きいためつかまりは良いです。

一方でヘッドが返り過ぎる事も無く、叩いても左に行き過ぎない操作性の良いヘッドになります。

基本的なヘッドスペックは前作の568モデルを踏襲しつつ、新たにフェースレーザーミーリングが施されています。

このため前作568よりもさらに打感の良さ(やわらかさ・食いつき感)に磨きがかかったように感じました。

打球音は比較的落ち着いた低音となり、心地良さが感じられます。

ソールデザインも特徴的で、見て、打って楽しめる、これぞバルドといったクラブに仕上がっております。


2019 バルド 568 420 ドライバー



60g台シャフトでの最速スピードを目指した新設計シャフト。
チップサイドのねじれを抑え、LOOPならではの振りやすさと弾き感を達成!


飛距離、方向性、共に求めるユーザーが多い60g台。
その重量域で最速のスピード感を追い求めて開発した新感覚シャフトの登場です。

ジェットエンジンを搭載したかのような、切り返しからの力強いレスポンスに加え、左を怖がらずに鋭く振り切ることのできる、チップサイドのねじれを抑えた新設計。

職人・橋本による設計と巻きから生まれるLOOPシャフトならではの“振りやすさ”、また、重厚かつ弾き感のある手応えを感じてください。



FlexLengthWeight(±2g)Tip径Butt径Torque
SR1168mm
(46inch)
63g8.5mm15.4mm3.6°
S63g8.5mm15.4mm3.5°
SX63g8.5mm15.4mm3.4°
X63g8.5mm15.4mm3.3°





TOP